クラミジアは喉にも感染する?咽頭クラミジアとは?

2019年11月20日
薬を飲む男性

性器クラミジアは日本で一番感染者数が多い性病ですが、性器以外の粘膜にも病原菌が感染して症状を起こす場合があります。性器以外で感染者・患者が多いのは咽頭クラミジアで、性器とは別に喉(のど)の部分の粘膜に細菌が感染します。

咽頭クラミジアに感染すると、風邪をひいたり免疫力が弱くなった時に扁桃炎や咽頭炎を起こします。放置しても自然に治癒することはなく、何度も炎症が再発してのどの痛みや高熱に苦しむことになります。免疫力が回復すると炎症は収まりますが、細菌が残存し続けるので何度も再発を繰り返すケースが多いです。病院で診察を受けた際に炎症の原因がクラミジア菌であることに気づかずに、雑菌の感染と診断されて数日分の抗菌薬が処方される場合があります。3日分程度の抗菌薬を服用すれば一時的に症状は収まりますが、クラミジア菌を完全に死滅させることができません。

感染しても普段は無症状なので気づきにくく、本人が気づかない間に他の人にうつしてしまう場合があります。咽頭クラミジアの感染経路の多くは性行為で、オーラルセックスの際に性器から口を通して喉に細菌が感染します。予防方法は性行為の際にコンドームを着用することで、粘膜や体液が接触しないようにすれば感染を防ぐことができます。性器性交であれば避妊のためにコンドームを着用するケースが多いですが、避妊の必要がないオーラルセックスではコンドームを使用しない人もいます。オーラルセックスの際にコンドームを着用しないことが原因で感染が拡大するケースが少なくありません。

咽頭クラミジアは性風俗サービスに従事する女性の間で感染率が高いことが知られていますが、普段は症状が出ないので気づかない間に感染が広がる恐れがあります。ディープキスをすると高い確率で人から人に伝染が起こってしまうので、注意が必要です。感染が疑われる相手と性交渉をする場合には、咽頭クラミジアの予防方法のための対策を講じる必要があるでしょう。

咽頭クラミジアの感染経路は、オーラルセックスだけではありません。キスでも感染することが知られていて、性交や疑似性行為をしなくてもうつされる恐れがあります。咽頭クラミジアはキスでも感染するほどの強い感染力を持っているので、心当たりがある人は検査を受けてみると良いでしょう。

咽頭クラミジアの治療方法は性器クラミジアとは異なり、2週間にわたり毎日抗菌薬を服用します。性器クラミジアの場合はジスロマックを1回服用するだけで治すことができますが、咽頭部に感染した場合はジスロマックを服用しても病原菌を死滅させることができない場合があります。咽頭クラミジアの治療方法として、クラリスロマイシン(200mg錠)を1日2回(1回あたり1錠)を14日間にわたり毎日服用する方法があります。ジスロマックだと病原菌が残ってしまう恐れがありますが、クラリスロマイシン錠を2週間服用することで病原体を死滅させることができます。